今夜もほろ酔い葵日記
今宵も美味しいお酒とお料理求めてほんのり気分で参ります。チープなものからリッチなものまで美味しいものは だ~い好き♪
エクシブ有馬離宮でセレブな私
おひさの更新です。

仕事とか他もろもろで忙しくしていました。


今話題のエクシブ有馬離宮に行ってもしかして
私はセレブ?と錯覚しそうな2日間を過ごしてきました。

話題じゃない? え~~話題なんですよ、結構。

私が会員なわけないので ご相伴っつうことですが
本当にリッチでした。
女性4名で押しかける場所かどうかは微妙ですがめちゃめちゃ
楽しかったんし美味しかったし相当楽しめました。

エクシブ有馬離宮  エクシブ有馬離宮

こちらの上の写真がリビングです。
上記リビングのほかにツーベッドルームがあるんですよ~~

下の写真はお部屋から見た中庭。
エクシブ有馬離宮

エクシブ有馬離宮
そして酔っ払って撮っているからボケボケのジャグジールームが右。

私たちが泊まったお部屋には合計4つのテレビ。
二つのトイレ。

1泊だけなんてもったいない~~っていう夢のような場所でした。

もちろん有馬なので温泉ももれなく。
こちらには専用のエレベーターがついているので
部屋からバスローブでokでした。

お料理もね、和食チョイスだったのですがとても
美味しかったです。
これは また別の日に・・・

実は私としたことが カメラの電池が途中で切れて
携帯の写メでとったんですけど 大きく伸ばしみないと
うまくとれているかどうかわかんないんで。

同じ神戸市内とは思えないくらいの有馬温泉ですが
本当に近くてリッチなプチ旅行でした。

しあわせ~~♪
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

ホテル ジェイ・ファースト ニセコで・・・
今回の北海道で利用したホテルはニセコグランヒラフスキー場に
隣接している ホテル ジェイ・ファースト ニセコでした。

ここをチョイスしたのは 単純に北海道の友人に
どこがいい?
って 聞いたときに帰ってきた回答から。

ヒラフには過去何度もきて色々泊まりましたが こちらは初めて。

率直な感想としては・・・まあまあ・・・

温泉は かなり○
それほど大きな温泉ではないのですが 24時間入れるからだと思いますが
混んでいませんでした。

温泉は露天風呂だけかな?でも いい温泉質でしたよ~
女性にはうれしい シャンプー リンスもそれぞれついていました。

次にフロント。
一生懸命やっているのはわかるのですが ちょっと素人さんの
集団っぽかったかな・・・比較的大き目のホテルだし外観も
素敵だからもう少し お勉強してほしかったかな~っていうところです。

お部屋
ちょっと狭かったけど仕方ないかな?
でも 冷蔵庫も合ったし ソファーもあったし。
部屋の温度調節が わかりにくいというか ないというか・・・

毎日しっかりとお掃除していただいていたので 気持ちよかったです。
アメニティーも ちゃんとあったし。



ホテル ジェイ・ファースト ニセコ 朝食バイキング
朝食のバイキング。
さすが北海道 朝からイクラがでてきているのですが
あのイクラはちょっと・・・って 感じでした。
でも お粥はうれしかったです。

一日おきの朝食メニューなんで3泊以上するとちょっと。かも・・・
でも毎朝 た~っぷり頂きました。

夕食は一度だけレストランで頂きました。
サービスはよかったのですが お酒のメニュー 種類はあるようですが
なんとなく 何かが足りない感じ。なんだろう・・・

これは本当においしいわ~~っていう何か スペシャルメニューが
あればうれしかったかな?

ホテル ジェイ・ファースト ニセコ ダイニング  ホテル ジェイ・ファースト ニセコ ダイニング  ホテル ジェイ・ファースト ニセコ ダイニング


北海道らしく 鮭とかジャガイモを利用したお料理もでて
お味自体は ○です。
ボリューム的にはちょうど いい感じでした。

ホテル ジェイ・ファースト ニセコ 十勝ワイン
ワインと一緒にの~んびり楽しい時間をすごすことができました。

せっかく北海道だし 北海道のワインと思い 十勝を
チョイス。 他にも種類あったのですが 実は甘口ばかりで
唯一 これが辛口。

もう少し冷えていれば もっと美味しかったかな~~っていうのが
感想です。



スキーロッカーなど
こちらは 私はかなり満足です。
そこの係りにいらっしゃった人がとても感じよかったからです。

椅子もちゃんと用意されているし スリッパもたくさんあったし。
スキーの板など梱包したら すぐそこが荷物発想できる
宅配便などの受付も兼ねていました。
これはかなり便利ですね。

ロケーション的には バスが停まるところにも近く良かったし
温泉が良かったのですが もう一声!って 感じかな~~

とりとめない感想文って感じになりましたが 
外観と中のバランスが微妙に違うっていうのが感想かもです・・・


テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

白馬沿線スキーの帰りの温泉事情

長野県 最近は白馬沿線が比較的多い私ですが温泉たくさん
ありますよね~~

空いていたらサイコーです。
(空きすぎていたら経営が大変だからそこそこ混んでないとまずいけど)

スキーの帰りには温泉に入る派と入らない派がありまして
ラッキーなことに私の周囲は 入る派が非常に多く帰りの運転が
眠くなること必至ですが ほぼ入って帰っています

北陸道に向かうか長野道に向かうかで利用する温泉も変ってきますが
基本長野道方面 白馬からは大町方面に向かっていることが多いので
どうしてもその周辺になりますね。

比較的大きくて 洗い場がたくさんあるというのでは木崎湖にある
ゆーぷる木崎湖

国道からもそれほど離れていないし 洗い場がたくさんあるのでなんとなく
利用しやすいこともありワンシーズン数回は必ず利用しています。

お湯は 本当に普通・・・かな?

最近 私のお気に入りが 大町温泉郷までいって
そこで温泉を利用するっていう手。

大町温泉郷っていうくらいですから 温泉です
(当たり前)


最近は 黒部観光ホテルで日帰り温泉を楽しみました。
無色透明無味無臭なのですが ちょいトロンとした感じもあり
何より広いから気持ちいい

洗い場もたくさんあります。
(私が行った時はたまたま女性は混んでいましたが・・・)

黒部観光ホテル


東京オリンピックが開催された昭和39年にできたところで
温泉の源泉は江戸時代に発見された湯のようです。


国道からもそれほど離れていないし遠回りするって
ほどの距離ではないのでvery good


岩風呂と檜風呂と 男女交互に設定されているようです。
相当おすすめ。

テーマ:長野日帰り温泉 - ジャンル:地域情報

淡路島 洲本温泉  奇跡の星の植物館
1泊二日の 淡路温泉旅行 目的地の洲本温泉に到着~~

(前半の鳴門大橋 渦の道などの様子はこちらから

淡路島の一番 大きな街 洲本には たくさんの温泉宿があります。
今回は ホテルニュー淡路さんにお世話になりました。

とっても 大きなホテルでお客さんたちも 団体さんを含めどんどん
吸い込まれるように入ってきます。

でも ホテル前にはたくさんの係りの人がいらしてて
とても手際よく 誘導してもらえました。 チェックインも比較的スムーズ。

人海戦術って感じかな?

淡路島 ホテルニュー淡路   淡路島 ホテルニュー淡路工事中  

左は お部屋からの夕方の景色。
右の写真は ただいま新館を工事中のようで 今年の終わりのほうに
できるようです。 

年があけてから 温泉旅行~と思っている方 新館お試しもいいかもしれません。

たくさんの人がいたわりには女性の温泉はそれほどの人でもなく
ゆっくり入れました。

ここ ニュー淡路は温泉が3箇所あり(2009年からはもっと増えるようですが)分散されて
いるのかもしれません。

屋上にも 足湯を楽しめるところがあり 温泉ということに関しては
相当充実しています。

ただし・・・かわいそうに 父の入った時間帯は 男性の団体客と一緒になって
すごい状態だったそうです。

すぐに部屋に戻ってきていました。

土曜日にこだわらない人は 土曜日を避けての宿泊がお薦めです。

ホテルニュー淡路夕食   ホテルニュー淡路刺身5種盛

楽しみな食事。

全部写真に納める事はできませんでしたが。
結構 楽しめました。

右のお刺身五種盛り ウニは最盛期ではないのですが 
淡路島の ウニって言うのは 知っている人は知っているで
かなり有名です。

そして さすが淡路島、 お刺身の横にある ツマは 淡路産の玉ねぎでした。
甘くておいしい~~
(もちろん 帰りには たくさん買い込んでお持ち帰りです)

ホテルニュー淡路戻り鰆のたたき これが美味しかったです! もどり鰆のたたきです。 
もっと食べたい~~って感じ。
実は もどり鰆のたたきって初めて食べたのですが 中々 美味でした。

   
淡路島地ビール
こちらは 淡路の地ビール 何種類かある中で 私は一般的と言われている
ピルスナーをチョイス。 こくがあるって 感じでしたね。

翌朝も 温泉を楽しみ バイキングの朝食もしっかりと楽しみました。

こちらの温泉 男性風呂はわかりませんが女性風呂は タオルもバスタオルも
たくさんあったし クレンジングや シャンプー リンスなどなど
アメニティグッズも揃っていました。

リンスインシャンプーじゃなかったのがうれしかったです。

棚田の湯というのはとても ユニークだったので 是非楽しんでみてください。


淡路島のなかで私の好きな場所のひとつが 花さじき。
ただし ご覧のようにいまの季節には花はありません。
山の上だし そうとう寒かったです。

春のために 苗はたくさんあったので春にまた 期待ですね。

淡路花さじき


そして 次なる場所は 夢舞台。
そして こちらの奇跡の星の植物館を楽しみました。

65歳以上のかたであれば 入館料は300円になります。

季節は クリスマスで 中は温室でポカポカしているにもかかわらず
雰囲気はすっかり クリスマスです。

奇跡の星の植物館   奇跡の星の植物館ミニチュア

華やかな南国の風景ではなく 白一色~~という感じでした。
そしてちょうど ミニチュア展みたいなのもやっていて 
かわいい箱庭がたくさん!

結構楽しめました。
外が寒いだけに 天国~~っていう感じです。

淡路島。
お魚も美味しいし 一年中楽しめる島です。
次回は 春かな~~




 



テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

淡路島 洲本温泉&鳴門大橋もみてきました~
神戸からはとっても近い 淡路島。

明石大橋の供用 が始まったのは 1998年4月5日 あれから 淡路島に
行くのには本当に楽になりました。

今回も二日前に 駆け込みでネット予約をして 洲本温泉を楽しんできました。

淡路島からもう少し足をのばし 四国の鳴門大橋もみてきました。

ここには うずの道っていう ところがあって 橋の下にず~~っとあって
ところどころ ガラス越し下の海が見えます。
強化ガラスだし 大丈夫ってわかっていても中々 その上は歩けません。

渦の道    渦の道   うずのみち 高速下歩道

一番右のような道っていうか高速道路の下をず~~っと歩いていきます。
上をトラックとかが走ると結構ゆれて そこそこのスリルは味わえるのですがこれも
慣れてしまえばなんてことはありません。

真ん中は 強化ガラスがはってはって 真下の海が見えるのですが
高さ45m。
わかっているけど この上を歩くのはちょっと・・・


あちらこちらで渦を巻いているのが見えるのですがいざ 写真におさめようとすると
これが結構むずかしかったり。

たくさん撮った中の一枚がコレ
渦の道 うずしお

まあまあ?

何度みても本当にとってもとっても不思議な感じです。

鳴門大橋 四国側から こちらは 四国側からとった 鳴門大橋です。 やっぱりとっても大きいですね~ 交通量は明石大橋より少ない感じがするのですが これがあるのと
ないのでは 四国や淡路島の人たちの交通っていうのがずいぶん変ってくると思います。

そういうえば スキーヤーで四国の友人は冬になるとこれを
よく利用すると言っていました。

確かにここまでくるのに 我家から1時間かかりませんでした。


再び 淡路島に戻り いよいよ温泉。

ただし このときとばかり お土産購買欲が異常にもちあがってくる母のために
途中のパーキングで お買い物。

どんだけ~~っつうくらい 買っていました

そうそう面白い自動販売機を見つけました。
ちくわの自動販売機 さすがです。 私の家の近所には なかなか見かけることが
ないような 自動販売機でした。 ちくわの自動販売機!
残念なことに 試食はしていないので 味のほうは わかりません。

淡路島の温泉宿編は 別途ご報告いたします!

しかし・・・どうも気になるな~~昔 橋の途中にパーキングあったような
気がするんだけどな~~





テーマ:温泉 - ジャンル:旅行



プロフィール

葵

Author:葵
苦手なものは スイカと6本足。社会の洗礼を受けお酒も社会人として恥ずかしくない程度に飲めるようになりました!美味しいお酒は日本酒に始まり何でも大好き。食べ物でもお酒でもスィーツでも美味しいものあったら教えてくださいね!
みんなのプロフィールSP

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村 スキースノボーブログへ
人気ブログランキングへ



リンク

このブログをリンクに追加する



プロバイダー探しは

今月の最安光サービスプロバイダを探せ!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



セシール創業35周年キャンペーン



ブログを始めるなら!

FC2BLOG





カテゴリー



最近の記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブログ内検索



RSSフィード